45歳からの妊活@ホーチミン→茨城

45歳の時にベトナムのホーチミンで妊活をはじめました(現在は茨城県在住)。このブログには私の妊活体験を載せています。

クロミッド 、飲んだことあるよね?

45歳からの妊活。

 

「クロミッド、飲んだことあるよね?」は先日通院の際の先生からの質問です。

「飲んだことないんです。」が私の答えなのですが、先生に驚かれました。

 f:id:Minnie_HCM:20210405151342j:plain

クロミッドは不妊治療ではよく使われる薬のようなので、当然既に試していると思われたのでしょうね。

 

でも年齢の割に、妊活は結構初心者なんです。

 

なのでその時、「治療内容や薬のこと、本当はもっと丁寧に説明してほしいんですよ!」と言いたい気持ちが湧いてきたのですが、忙しい先生には余計なことは言えず、その気持ちは飲み込みました 。

 

現在の私は、6月に2度目の採卵手術を受ける予定。

それまでの間2ヶ月あるので、4月と5月は、自己流のタイミング法ではなく、きちんと通院してのタイミング療法に取り組むことにしました。

  

タイミング療法初月の今月は、特に何の薬も飲まなかったのですが、エコー検査の結果、無事に排卵間近まで卵胞が育っていました。

先月採卵したので、翌月でも卵子がちゃんと育つのかが心配でしたが、大丈夫そうでほっとしました。

 

特に生理周期が不順というわけではありませんが、もし今月妊娠できなかった場合、来月は卵子の質を上げる効果も期待できるクロミッド を処方してみようというのが、先生の作戦のようです。

 

それにしても、不妊治療では、色々な注射や薬を処方されますね。

先生や看護師さんは、注射や薬の名称は都度言ってくれますが、こちらが質問しない限り、その薬の効能や副作用まで詳しくは説明してくれないんですね。

 

ただ、先月の採卵手術前は、注射のせいか、かなりお腹が張って体重も増えて苦しかったので、事前に詳しく聞いておけば良かったと思いました。

 

病院は混んでいることが多いので、根ほり葉ほり、「これは何の薬ですか?」「心配な副作用はありますか?」などと聞きにくい雰囲気があります。

本来は遠慮なく聞くべきなんでしょうけれど、なかなか聞けない自分がいます。

 

そして自宅に帰ってからインターネットで検索して一つずつ学ぶという状況ですが、記事を読んでもよくわからないことも多いですね。

そんな時、やっぱり誰か経験者に相談したいな~と思ってしまいます。

 

とりあえず当面は、勇気をだして、少しずつでもこちらから先生に質問をしていくように頑張ります。


PVアクセスランキング にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

タイミング療法の通院

45歳からの妊活。

 

2回目の採卵手術は6月ですが、その前の4月5月はタイミング療法に取り組みます。

生理開始から13日目の昨日、病院へ行ってきました。

 

まずはエコー検査。

卵胞は左右それぞれ1つずつ15㎜以上に大きくなっているものがありました。

 

先月採卵手術を受けたので、翌月の今月、卵胞がちゃんと大きくなるのだろうかと心配でしたが大丈夫でした。

特に左は18㎜になっており、また、子宮壁も8㎜弱まで厚くなっているので、排卵は近そうです。

 

先生からは、4/2と4/4の2回タイミングを取るようにとの指示を受け、排卵誘発剤(hCGモチダ5000)も注射してもらいました。

これにより、2日後が排卵予定日になるそうです。

 

かなり排卵時期が絞り込まれたので、無事にタイミングが取れるように知恵を絞らなくては。

 

この日に必ずタイミングを取らねば〜と思うと、我々は結構緊張してしまうんですよね〜。

 

旦那様が元気になる食事や雰囲気作りなど、要検討です😅

やっぱり牡蠣かな。

 

以上がタイミング療法での初めての通院です。

 

ちなみに、タイミング療法の診察は保険診療なんですね。

体外受精とは桁が違って、計2,180円とお会計はリーズナブルでした。

 

f:id:Minnie_HCM:20210402173410j:plain

 
PVアクセスランキング にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

実は初めてのタイミング療法

45歳からの妊活。

 

明日は生理開始から13日目、タイミング療法のキーポイントとなる排卵日予測のために通院予定です。

 

妊活を始めて1年半、先日体外受精にトライ済みであるにも関わらず、実は病院でのタイミング療法は初めてなんです。

 

ベトナムでも日本でも、病院ではタイミング療法や人工受精を提案されることはなく、初診段階から体外受精前提で話が進んでいきましたので…。

 

年齢的にその方が確率が高いということなのでしょうけれども、年齢の割に妊活は初心者なので、段階を踏むことなく、いきなり体外受精に向けて進んで行くのには、正直結構戸惑いました😅

 

なので、次の採卵迄の2周期にタイミング療法に取り組めるのは、少しホッとするような、初心に返るような気持ちです。

 

これまでの自己流妊活では、市販の排卵日予測検査薬でタイミングを取ってきました。

でも、排卵日予測も時間の幅があるため、タイミングが合っていたのかどうか、不安でモヤモヤしていました。

 

そこで今回は、きちんと病院でエコー検査などをしてもらい、より精度を高く排卵日を予測して妊活に取り組むという作戦でいきます。

 

明日はエコー検査以外にも何かの検査があるのかどうか。

インターネットの情報では、病院や人によって、尿中LH検査をしたり、排卵誘発剤を処方される場合もあるようです。

 

どのような診察になるのか楽しみです。

 f:id:Minnie_HCM:20210331182324j:plain

 
PVアクセスランキング にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

95歳で乾杯するために

45歳からの妊活。

 

我々夫婦には夢があります。

それは、95歳で迎える金婚式で、元気に乾杯することです。

 

去年の結婚一周年記念の時に、父が、「金婚式を目指して頑張って」というメッセージをくれて、これ面白いと思い、二人の夢にしました。

 

我々は45歳から妊活を始めましたので、子供が成人する時には65歳以上。

95歳の金婚式だけでなく、まず当面、子育てのためにも若さと健康を標準以上に高めることは必須です。

 

ということで、今週はウォーキングを頑張っています!

 

半月前の採卵の際に3キロ近く増えた体重も、あと少しで戻りそうですし、筋力をつけて、より健康で冷えにくい身体にしていこうと思っています。

 

気候も暖かくなってきましたし、ほどよく太陽の光に当たるのも身体に良いですよね。

 

来月は自然妊娠にチャレンジする月なので、この調子で体力をつけて、良いコンディションで迎えられるようにします。

 

妊活のおかげで取り組んでいる健康増進。

95歳で旦那様と元気に金婚式を迎えるという夢にも繋がります。f:id:Minnie_HCM:20210324173405j:plain

 
PVアクセスランキング にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

妊活はあと半年、採卵はあと1回

45歳からの妊活。

 

第一回目の採卵と体外受精。

先週は、受精卵が胚盤胞まで育たず全滅という結果に。

数日かなり落ち込みました。

 

でも、いつまでもしょげていてはいけませんね。

 

次回の採卵は病院の都合もあって6月になりそうですが、ここで改めてこれからの妊活について考えました。

 

f:id:Minnie_HCM:20210321223133j:plain

もともと45歳で妊活を始めた時点で、1〜2年が勝負と思っていました。

それが、今年の8月で2年経ち、47歳になります。

 

子供がほしいという気持ちはあるものの、現実的に40代後半での妊娠確率は低いので、どこかで区切りが要ります。

 

なので、妊活はあと半年と決めました。

そして、採卵と体外受精も、あと1回頑張るつもりです。

 

ただ、何となくですが、我々の受精卵は体外受精の培養液が好きではないのかなと思ったりして。

 

ということで、次の6月の採卵を予約しつつも、4月と5月は自然妊娠に再トライします。

そして、タイミングをしっかり捉えられるように、卵胞の育ち具合を病院で診てもらうことにしました。

 

もちろん市販の排卵日予測検査薬を使っても良いのですが、それにも時間の幅があるので、いつ排卵したかがわからずモヤモヤしてしまうんです。

 

病院でも思わず、「市販の排卵日予測検査薬って当たるんですかね?」と聞いてしまいました。

先生によると、「まぁ半分くらいは当たりますけどね・・・」とのこと。

 

半分くらいか・・・。微妙。

だったら、病院で詳しく診てもらっちゃおうという作戦です。

 

次の通院は、生理が始まって13日目。

その時にエコー検査などで状況を診てもらい、排卵日をガッチリ掴むぞ~!

f:id:Minnie_HCM:20210322091255j:plain

実はこれまでは、妊活の終わりを決めるのは、辛いことなんじゃないかと思っていたのですが、今回、自分の中で具体的に期限を決めてみて、なんだかスッキリしました。

 

それはきっと、旦那様とだったら夫婦二人でも楽しく生きていけると思えからなのでしょう。

 

妊活期間を振り返ってみると、旦那様は大変積極的に取り組んでくれているし、毎月のリセットの際は自分もガッカリしているはずなのに、落ち込む私をいつもサポートしてくれました。

 

妊活を通じて、旦那様と結婚して良かったと心が温かくなることがたくさんありました。

そのおかげで、どんな結果も受け入れようという覚悟が決まりました。 

 

それにしても、妊活は成果を自分でコントロールしきれないものなので、毎月生理が来ると、いつまでこのガッカリが続くのか、出口が見えない闇にいる感じがします。

 

そして、そのガッカリの回数を重ねるごとに、自分に自信が無くなり、未来に対する希望までも感じられなくなっていきます。

 

今回、「妊活はあと半年だけ頑張ろう」と、これから進むべき方向を自分で決めたことで、逆に未来のことを前向きに考えられる気がしてきました。

 

結果がどうあれ、残り半年となれば、一日一日を大切に、心身ともに妊娠できるコンディションを作ろうとやる気が出てきました。

 

この勢いで良いことが起きますように。

 
PVアクセスランキング にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

胚盤胞になりませんでした

45歳からの妊活。

 

採卵して3日目の受精卵2つ。

先週の時点ではグレードがイマイチで、数日間胚盤胞になるまで様子を見ることにしていました。

その状況を今日聞いてきました。

 

結果は残念なことに、2つとも胚盤胞になれず、途中で成長が止まってしまいました。

 

原因を先生に聞いたのですが、「卵子の状態も良かったし、特に悪いところはないんですけどね…。」とのこと。

 

ただ、胚盤胞までなれる確率は3割程度のようなので、受精卵2つではなかなか厳しかったようですね。

 

このような結果も覚悟していたつもりでしたが、病院を出たら残念で涙が出てしまいました。

f:id:Minnie_HCM:20210316142306j:plain

不妊治療は甘くないですね。

結果が厳しいだけでなく、上手くいかないと、どんどん自分がダメ人間みたいに思えてしまいます。

 

次に向かって気持ちを持って行けるかどうか。

しばらくは落ち込んでしまいそうです。

 

ちなみに次に採卵をするなら、病院の都合もあって6月になり、2周期お休みです。

 

旦那様は言いませんが、男性にとっても不妊治療はストレスを感じるところが多々あるはずです。

少しの間、二人でリフレッシュできればと思います。

 
PVアクセスランキング にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

2個受精したものの…

45歳からの妊活。

 

今朝病院で、採卵後の状況を聞いてきました。

採卵3個中2個、体外受精で受精できていました!

しかしながら、初期胚を凍結する際の推奨グレードに達していませんでした。

 

受精から3日目の初期胚は、その形状から5段階で評価していて、グレード1と2が推奨されるグレードだそうです。

そして私達の初期杯は、グレート3とグレート4でした。グレード3、4の初期胚を凍結・移植しても良いのですが、着床率は1割程度と低いそうです。

 

先生より、「ここから盛り返して良い胚盤胞になることもある。あと数日、胚盤胞になるまで様子をみるという方法もある。」という提案がありました。

 

ただしその際のリスクとして、「初期胚から胚盤胞まで育ってくれないケースもあるので、二度と採卵しないなら今回のグレード3の初期胚を凍結しておく選択もある。」ということです。

 

「着床率の低いグレード3、4の初期胚を凍結するか」

「無事に育つかどうかの保証はないけれど、着床率の上がる胚盤胞になるまで待つか」

 

をすぐに決めなくてはならないと言われました。キャー!!

こんな微妙な決断、一人ですぐに決めるのは無理~!

ということで、少し時間をもらって、旦那様と電話で相談させてもらうことにしました。

f:id:Minnie_HCM:20210312163039j:plain

旦那様に電話をしたところ、すぐに電話に出てくれて、事情を説明。

結果、「胚盤胞になるまで数日待つ」ことにしました。

 

この決断をした理由の一つとして、「今回採卵が3個できたということは、次もまだ採卵できる見込みがある」と先生に言っていただいたのも大きいです。

今回が最後の採卵ではなく、まだチャンスはあるかもしれないと思えたので、今回は着床率の高い胚盤胞まで待つという賭けにでることを決心できました。

 

とはいえ、私としては採卵は今回が最後なんじゃないかと勝手に思っています。

受精してくれた初期胚2つが、胚盤胞に育ってくれる気がします。

 

今日先生に受精卵の進捗報告書を見せてもらった時、なんだかパワーを感じました

これから大きく胚盤胞に育ってくれるに違いありません。 

 

次の通院は来週火曜日。

今週末は落ち着かない週末です。

  
PVアクセスランキング にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ